SSブログ

「今年も菊の季節に桜が満開です」セレッソプレビュー J1-24 対浦和レッズ [セレッソ大阪]

にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ 菊の季節に桜が満開 

[対戦カード] 浦和レッズ - セレッソ大阪
(24日17時 さいたま市・さいたまスタジアム2002)

[予想メンバー]
FW メンデス・奥埜
MF 清武・デサバト・藤田・坂元
DF 丸橋・瀬古・ヨニッチ・片山
GK キムジンヒョン

[ここまでの順位]
暫定2位 セレッソ大阪 勝点48 15-3-6 36得点 25失点
暫定9位 浦和レッズ 勝点37 11-4-9 34得点 37失点

[みどころ]
先週のセレッソ大阪はホームで横浜Fマリノスと対戦し、4-1で快勝。MF奥埜博亮とFW豊川雄太が2得点ずつ取り、終盤にMF水沼宏太に失点を許したものの相性の良い相手に対し快勝となりました。MF坂元達裕は対峙したDFティーラトンを変幻自在な切り替えしで手玉に取り仕事をさせませんでした。この結果、東京を抜いて再び2位に浮上しました。

MF清武弘嗣と坂元の両翼が好調なため攻撃陣が活性化しており攻撃に厚み・深みが出ています。これは左SBとして実績のあるDF丸橋祐介だけでなく、DF松田陸の負傷の影響で右SBに入っているDF片山瑛一が与えられた役割をしっかりこなしていることも影響しています。片山は左右両SBができるだけでなくウイングやトップでも可能であり万能型です。

今日の対戦相手である浦和レッズとも相性が良く、今季もすでにリーグ戦で3-0、カップ戦で1-0と安定した結果を残しています。厳しい攻防が繰り広げられている2位戦線を勝ち抜くためには中位・上位との対決でも結果を残すことが求められます。11月は難しい相手との試合が続きますので勢いをつけるためにもしっかり勝利して菊の季節に桜を咲かせましょう。

[対戦相手]
先週の浦和レッズはホームでベガルタ仙台と対戦し、6-0で圧勝。経営問題が発生し消滅危機といわれる仙台が相手でしたが得点を重ねるに連れ仙台のファイティングスピリットの灯が消えていくのが如実に感じられ最終的には一方的な内容で大差がつく試合となりました。後に仙台は不祥事案も発覚し八方塞がりとなり今後の動向が気になるところです。

昨季までは興梠が不動の一番手という存在でしたが、FWレオナルド、杉本健勇、興梠慎三、武藤雄樹をうまくローテーションさせながら起用しています。前節は興梠・武藤のコンビでスタートし興梠が2得点、興梠と交代で入ったレオナルドが2得点でした。それぞれ違う個性があり相手チームにとっては。スカウティングが難しいところです。

浦和はホームで4試合連続で無得点負けを喫していましたが仙台戦でこの悪い流れを止めることができました。ホームでは4勝3分6敗とまだ分が悪いですが流れが変わった後の今日の試合ではどんな展開となるのでしょうか。

[そのほか]
さいたまスタジアムは僻地にあり最寄り駅からでも徒歩で1.2km(標準で15分)あります。昨季までのサッカーの試合では最寄り駅や県内各地からシャトルバスが運行されていましたが今季は新型コロナの影響で全てのバスが運休しています。駐車券の一般向け販売もありますが多くの観客は徒歩で会場へ向かうことになります。1.2kmを歩く自信のない人にとっては現地観戦は厳しい環境だと思います。




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。